Lowpoly Arshein #256fes

overview

クリックで動画に切り替わります。(約6MB)

#256fesのために制作したローポリのアルシェインさん。256個の三角形で出来ております。
アルファテクスチャ、両面ポリゴンは不使用で髪の毛は立体タイプ。基本的にどこから見ても破綻しないように出来ていると思います。たぶん。

ローポリキャラクターを最後まで制作できたのは今回が初めてなので、まずは完成させられたことがとても嬉しいですね。
パーツやディティールを追加する度に泣く泣く他のポリゴンを削る作業は大変でしたが、無駄を省き最低限を残していく過程が楽しくもありました。キャラクターの造形がシンプルだったことにも救われたと思います。複雑な造形やリアル等身のキャラだったら途中で投げてたかも…

detail

モデリングにはBlenderを、テクスチャ塗りにはClip Studio Paintを使いました。
以前ハイポリモデルのアルシェインさんを制作した際はテクスチャの継ぎ目などを扱いきれず、Substance Paintner(体験版)を使いましたが、ローポリは情報量が少ないので2Dペイントツールでも十分に塗りやすかったです。いいな、ローポリ…!

#256fes的には余裕が無かったので見送りましたが、動かすことを考えると表情差分が欲しくなりますね…
服と杖のテクスチャを統合し、代わりに顔のテクスチャを独立させれば4~5個の表情を用意できそうな気がします。(実際にやるかどうかは別として)

因みに杖は当初256ポリゴンで制作していましたが、輪郭が綺麗になりすぎてキャラクターが浮くため128ポリゴンに削りました。まぁ実際には1ポリゴン余ってしまい127ポリゴンなんですけど…そこは128にしたかった…!

concept

モデリングにあたって制作・使用したイラストやガイドなど。
SDイラストは2020年11月頃に、武器のラフは2021年1月頃に制作したものです。ガイドはローポリ制作開始時に勢いで描いたもの。他にも以前作ったミドル~ハイポリモデルなども参考にしています。

また、256ポリゴンに収めるにあたって一部デザインが変更・省略されたりもしていますね。
ただ逆にローポリデザインの方がいいのでは…?と感じる部分もあり、今後の制作ではそちらが採用されるかもしれません。

キャラデザは作品を制作する度に最適化されていくものと思っているので…媒体問わず様々なものを作ってデザインを固めていきたいですね。筆が速くなりてェ…!

来年の#256fesはどうするかは現時点では未定ですが、やりたいことの一つとして今回作ったアルシェインさんの背景オブジェクトを作りたいなぁとは思っています。ヴィネット風にして見栄えを強化したい。
キャラクターは彼女以外にデザインが固まっていないのと、単純に制約が重いので、作れそうなキャラが生まれたら…という形になるかも。贅沢に512ポリゴンくらい使いたい。

どちらにせよローポリは比較的お手軽に3Dキャラが作れて楽しいので、今後も続けていきたいですね。ローポリで創作世界の構築とか…いいなって…